14日の債券市場見通し=5年国債入札こなし堅調な展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.05.26〕25日の債券市場見通し=強含みの展開か 現在の記事数:260981件

-

14日の債券市場見通し=5年国債入札こなし堅調な展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)150.50円−150.70円、長期国債利回り0.060%−0.080% 14日の円債市場は、財務省が実施する5年国債入札をこなし堅調な展開か。 朝方は、3日ぶりに反発となった前日の米債券市場の流れを引き継ぎ、買い先行の動きとなりそうだ。株式市場が不安定に推移すれば、円債は上値を試す場面もありそうだが、手掛かり材料に欠くため、上値は限られそうだ。 市場では、「今晩発表されるCPI(米消費者物価指数)の発表で、米金融市場がどう反応するかを見極めたい」(国内証券)との見方が多く、持ち高を一方向の傾ける動きは想定しにくい。 こうしたなかで実施される5年国債入札は、「品薄感を背景にしたニーズや、外国人需要を考慮すれば、『無難』な結果となりそうだ」(銀行系証券)と指摘する。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
25日の債券市場見通し=強含みの展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.80円−150.90円、長期国債利回り0.030%−0

画像
25日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、米朝首脳会談中止、ある程度織り込み済みか

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円20銭−109円20銭 トランプ米大統領は24日、6月12日にシ

画像
<今日の仮想通貨市況>米長期金利急低下を背景に買い戻し優勢

 主要仮想通貨は24日に持ち直し、25日午前9時30分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=83万

画像
25日の東京外国為替市場=ドル・円、米朝首脳会談中止の影響は限定的

 25日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=109円半ばを中心とした地合いとなっている。前日の米国

画像
来週の東京外国為替市場見通し=利上げほぼ織り込み済みで上値限定的か、米朝関係は注視

 予想レンジ:1ドル=108円00銭−111円40銭 21−25日の週のドル・円は下落した。週明け2

画像
24日の商品動向、WTIが続落、NY金は反発

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=70.71ドル(


-