14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、注目集める米CPI前に小動きか|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.23〕22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟 現在の記事数:290173件

-

14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、注目集める米CPI前に小動きか


ドル・円予想レンジ:1ドル=107円00銭−108円50銭 きょうは朝方に10−12月期(第4四半期)実質GDP(市場予想は前期比0.2%増)が発表される。足元は日銀の緩和解除が予想以上に早まるのではないかという観測が円高を招いているだけに結果には注意したい。ただ、市場の注目は夜の米1月CPI(消費者物価指数)に集中する。米長期金利の動きに直結するだけに東京時間はGDPがよほど大きく予想からずれない限り、小動きとなりそうだ。<主な経済指標・イベント>日本:第4四半期実質GDP独:第4四半期GDPユーロ圏:12月鉱工業生産ユーロ圏:第4四半期GDP米国:1月消費者物価指数米国:1月小売売上高◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟調地合い

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.70円−152.90円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=閣僚級米中貿易協議の中、ドル・円は神経質な展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、神

画像
<今日の仮想通貨市況>「ビットメインのマイニング機器に脆弱性」との指摘を嫌気

 22日午前9時35分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=43万8082円(過去

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、材料難で小動きに終始

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、小動きに終始した。 朝方1ドル=110円70銭近辺だったドル

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米10−12月期GDPやパウエルFRB議長の議会証言などに注目

 予想レンジ:1ドル=109円90銭−111円30銭 18−21日の週のドル・円は1ドル=110円台

画像
21日の商品動向、WTI4月物が下落、NY金は4日ぶり反落

・NY原油先物4月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.96ドル(


-