FX週間マーケット展望(1月22−26日):ユーロ・円=SBILM|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.23〕22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟 現在の記事数:290173件

-

FX週間マーケット展望(1月22−26日):ユーロ・円=SBILM


ユーロ・円 前週は、週明けから底固い動きが続いた。12月のECB(欧州中央銀行)理事会の議事録を受けてユーロ高傾向が強まり、またECBの量的緩和の早期縮小観測も根強いことから、その後は堅調な動きが続いた。ユーロ・円は週明けの134円99銭から136円30銭まで上昇する動きとなった。ただ、週末には、円買い戻しの動きに加え、ECBの量的緩和の縮小観測がやや後退しているとの見方なども加わり、135円10銭台まで下落した。 今週は、25日にECB理事会が予定されており、声明やドラギECB総裁の会見での発言内容に注目が集まっている。今回のECB理事会では、資産買い入れに関する文言の変更はないとの見方がコンセンサスとなっているが、ECB高官からユーロ高けん制発言が相次いだこともあり、改めてユーロ高への懸念が示されるようなら、ユーロ売りに反応する可能性も考えられる。 特に投機筋のユーロ買いポジションが過去最大に膨らんでいることから、下げ始める場合には大きな下げにつながる可能性も指摘されており、注意も必要だろう。また、週序盤には、日銀の金融政策会合も予定されていることから、こちらの結果にも注目したい。<予想レンジ>1ユーロ=133円00銭−136円50銭(SBIリクイディティ・マーケット株式会社)提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟調地合い

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.70円−152.90円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=閣僚級米中貿易協議の中、ドル・円は神経質な展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、神

画像
<今日の仮想通貨市況>「ビットメインのマイニング機器に脆弱性」との指摘を嫌気

 22日午前9時35分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=43万8082円(過去

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、材料難で小動きに終始

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、小動きに終始した。 朝方1ドル=110円70銭近辺だったドル

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米10−12月期GDPやパウエルFRB議長の議会証言などに注目

 予想レンジ:1ドル=109円90銭−111円30銭 18−21日の週のドル・円は1ドル=110円台

画像
21日の商品動向、WTI4月物が下落、NY金は4日ぶり反落

・NY原油先物4月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.96ドル(


-