12日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、様子見感の強い流れか|マネブ

マネブNEWS:〔2018.01.23〕22日の債券市場見通し=金利上昇余地は限られる展 現在の記事数:254999件

-

12日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、様子見感の強い流れか


ドル・円予想レンジ:1ドル=110円80銭−111円80銭 きょうはFRB(米連邦準備制度理事会)の利上げ動向をにらみ米12月CPI(消費者物価指数)に注目が集まる。ただ、東京時間は中国12月貿易収支を控えるがドル・円を動かしてくる可能性は低く、様子見感の強い流れとなりそうだ。<主な経済指標・イベント>米国:12月消費者物価指数米国:12月小売売上高中国:12月貿易収支◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=金利上昇余地は限られる展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)150.35円−150.45円、長期国債利回り0.070%−0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=米暫定予算案の可決長引いた場合は注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−111円50銭 米暫定予算が19日に失効した。現状、閉鎖

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日):ドル・円=SBILM

ドル・円 前週は、週明け米国市場が休場となったものの、前週からの円買いの流れを引き継ぎ、序盤から軟調

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日):ユーロ・円=SBILM

ユーロ・円 前週は、週明けから底固い動きが続いた。12月のECB(欧州中央銀行)理事会の議事録を受け

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日):ポンド・円=SBILM

ポンド・円 前週は、週明けの米国市場が休場となり、新規材料に乏しい中、序盤は小動きの展開となった。そ

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日)=SBILM

展望 前週は、米国のさえない経済指標結果や、欧米の量的緩和縮小への思惑などが引き続き材料視され、ドル


-