12日の東京外国為替市場=ドル・円、米CPI控え111円前半でもみ合い|マネブ

マネブNEWS:〔2018.01.23〕22日の債券市場見通し=金利上昇余地は限られる展 現在の記事数:254999件

-

12日の東京外国為替市場=ドル・円、米CPI控え111円前半でもみ合い


 12日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=111円前半のもみ合いが続く。前日の米国時間は米国債利回りの低下を受け軟調な地合い。午前8時50分発表の11月経常収支は1兆3473億円の黒字で市場予想を下回ったが目立った反応はせず、朝方は111円10−30銭近辺で推移した。 その後は夜に注目度の高い米12月CPI(消費者物価指数)を控えているため、小動きが継続。午後も朝方と同水準で方向感のない流れとなっている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=金利上昇余地は限られる展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)150.35円−150.45円、長期国債利回り0.070%−0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=米暫定予算案の可決長引いた場合は注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円00銭−111円50銭 米暫定予算が19日に失効した。現状、閉鎖

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日):ドル・円=SBILM

ドル・円 前週は、週明け米国市場が休場となったものの、前週からの円買いの流れを引き継ぎ、序盤から軟調

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日):ユーロ・円=SBILM

ユーロ・円 前週は、週明けから底固い動きが続いた。12月のECB(欧州中央銀行)理事会の議事録を受け

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日):ポンド・円=SBILM

ポンド・円 前週は、週明けの米国市場が休場となり、新規材料に乏しい中、序盤は小動きの展開となった。そ

画像
FX週間マーケット展望(1月22−26日)=SBILM

展望 前週は、米国のさえない経済指標結果や、欧米の量的緩和縮小への思惑などが引き続き材料視され、ドル


-