12日の東京外国為替市場=ドル・円、米CPI控え111円前半でもみ合い|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.13〕12日の債券市場見通し=続落の展開か、米中摩擦の 現在の記事数:288711件

-

12日の東京外国為替市場=ドル・円、米CPI控え111円前半でもみ合い


 12日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=111円前半のもみ合いが続く。前日の米国時間は米国債利回りの低下を受け軟調な地合い。午前8時50分発表の11月経常収支は1兆3473億円の黒字で市場予想を下回ったが目立った反応はせず、朝方は111円10−30銭近辺で推移した。 その後は夜に注目度の高い米12月CPI(消費者物価指数)を控えているため、小動きが継続。午後も朝方と同水準で方向感のない流れとなっている。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
12日の債券市場見通し=続落の展開か、米中摩擦の懸念が後退

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.55円−151.75円、長期国債利回り0.040%−

画像
12日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、しっかりした展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=112円80銭−113円80銭 12日の東京外国為替市場のドル・円は、し

画像
<今日の仮想通貨市況>軟調地合い続く中、BTC売られ過ぎとの指摘も

 12日午前10時15分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=38万7389円(過

画像
12日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台半ばで推移

 12日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=113円台半ばで推移している。中国ファーウェイCFO

画像
11日の商品動向、WTIが反発、NY金は続落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=51.65ドル(

画像
11日の債券市場見通し=軟調地合い、30年国債入札は「低調」との見方

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)151.60円−151.90円、長期国債利回り0.035%−


-