トランプ大統領「金委員長と良い関係築ける」「おそらく非常に良い関係を築ける」と発言|マネブ

マネブNEWS:〔2018.10.23〕23日の債券市場見通し=軟調地合い、米債券安波及 現在の記事数:287354件

-

トランプ大統領「金委員長と良い関係築ける」「おそらく非常に良い関係を築ける」と発言


 1月11日、トランプ米大統領(写真)は、北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長と「おそらく非常に良い関係を築ける」と述べた。2017年6月撮影(2018年 ロイター/Kevin Lamarque)

[ワシントン 11日 ロイター] - トランプ米大統領は11日、北朝鮮の最高指導者、金正恩朝鮮労働党委員長と「おそらく非常に良い関係を築ける」と述べた。米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のインタビューで語った。

金氏と話したかとの質問には「コメントしたくない」と述べ明らかにしなかった。

トランプ氏は11月にベトナムを訪問した際、金委員長と友人になるのは「奇妙なことかもしれないが、可能性はある」と述べている。

金委員長は今月1日の「新年の辞」で、「核のボタン」が常に机の上に置かれていると警告。トランプ氏はこれに対抗し、自分の核ボタンの方が「彼のものよりも大きく、強力だ。それに私のボタンは作動する」とツイッターに投稿した。

トランプ氏はWSJとのインタビューで、好戦的なツイートは物事を有利に進める戦略の一環であることを示唆。

「このようなことをわたしはよく行うし、突然誰かと親友になったりする。実例も20は挙げられる。わたしは非常に柔軟な人間だ」と述べた。

米韓が平昌冬季五輪中は合同軍事演習を行わないと合意したことについては、「北朝鮮に良いメッセージを送ることになる」との認識を示した。

Copyright © 2018 Thomson Reuters 無断転載を禁じます
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:東洋経済オンライン

同カテゴリの新着記事

画像
23日の債券市場見通し=軟調地合い、米債券安波及やあすの日銀・市場懇見極めへ

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.05円−150.25円、長期国債利回り0.145%−

画像
22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、方向感の乏しい展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=111円80銭−112円90銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、方

画像
<今日の仮想通貨市況>しっかり、日銀副総裁の発言には反応薄

 22日午前9時56分現在の主要な仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=73万円前後(過去2

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円は底堅い、112円60銭台

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=112円65銭近辺まで上昇した。手掛かり材料難のなか

画像
19日の商品動向、WTIが3日ぶり反発、NY金は反落

・NY原油先物11月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=69.12ドル

画像
米9月中古住宅、前月比3.4%減の年率515万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●販売件数減少はハリケーンと住宅ローン金利加速が影響●未販売住宅(在庫)は4.4


-