6日の債券市場見通し=3日ぶりに反発か、あすの30年国債入札控え戻りは限られそう|マネブ

マネブNEWS:〔2017.12.14〕13日の債券市場見通し=軟調地合い、米利回り上昇 現在の記事数:252855件

-

6日の債券市場見通し=3日ぶりに反発か、あすの30年国債入札控え戻りは限られそう


予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.80円−151.00円、長期国債利回り0.045%−0.055% 6日の円債市場は3日ぶりに反発しそうだ。ただ、財務省があす実施する30年国債入札を控え、買い戻し圧力が加速する可能性は低く、戻りは限られそうだ。 前日の米債券市場は、米株式相場の下落を受けて買われた。「米経済指標の下ブレで長期・超長期国債を軸に堅調に推移するなか、利上げを織り込む格好で中期国債は下落となった。ただ、夜間取引で日本国債先物が上昇しており、日中の取引でも買いが先行するだろう」(国内証券)という。 日銀による長期国債の買い入れが予定されている。好需給観測が意識され相場をサポートすることになりそうだ。あすの30年国債入札が意識され、買いが入りにくい可能性もあるが、日経平均株価の下落などで、反発地合いを維持する展開となりそうだ。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
13日の債券市場見通し=軟調地合い、米利回り上昇が重石

予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.80円−151.00円、長期国債利回り0.040%−

画像
13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、FOMCの結果待ちで様子見か

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円00銭−114円00銭 FOMC(米連邦公開市場委員会)での利上

画像
<今日の仮想通貨市況>送金実験伝わりリップル急騰、ビットコインも堅調

 13日日本時間早朝、リップル(XRP)が出来高を伴って急騰した。一時1XRP=50円台に乗せ、17

画像
13日の東京外国為替市場=ドル・円、上院補欠選の民主党候補勝利で下落

 13日の東京外国為替市場でドル・円は軟調地合いとなっている。朝方は1ドル=113円半ば推移。午前8

画像
<今日の仮想通貨市況>ビットコイン、売買きっ抗した展開続く

 仮想通貨ビットコイン(BTC)は13日午後4時18分現在、前日比(24時間前)0.7%高の1ビット

画像
12日の商品動向、WTIが4日ぶり反落、NY金は4日続落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=57.14ドル(


-