17日の東京株式市場見通し=堅調な展開が続きそう|マネブ

マネブNEWS:〔2018.12.15〕14日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残 現在の記事数:288776件

-

17日の東京株式市場見通し=堅調な展開が続きそう


 予想レンジ:2万1200円−2万1400円(16日終値2万1255円56銭) 17日の東京株式は、堅調な展開が続きそうだ。16日の米国株式市場は、NYダウ、ナスダック総合指数がそろって史上最高値を更新。米国の強い動きを受け、買いが先行するとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の前半(16日終値111円72−73銭)、ユーロ・円が1ユーロ=132円台の前半(同131円75−79銭)と円安に振れている。円安の動きを追い風に、輸出関連株を中心とした物色になりそう。ただ、10日間の連騰で日経平均株価は約900円(約4.4%)の上昇を演じているだけに、買い一巡後は短期的な過熱感を警戒して上値が重くなることも想定される。 16日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でコマツ<6301>、パナソニック<6752>、三菱UFJ<8306>などが、16日の東京終値に比べ高い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、16日の大阪取引所終値比65円高の2万1335円だった。(高橋克己)17日の主な経済指標・スケジュール【国内】・20年国債入札【海外】(時間は日本時間)・18:00 独10月ZEW景況感指数・21:30 米9月輸出入物価・22:15 米9月鉱工業生産・設備稼働率・23:00 米10月NAHB住宅市場指数・決算発表=(中国)中国建築国際(米国)IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
14日の債券市場見通し=買い先行も上値に重さが残る展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)151.75円−151.85円、長期国債利回り0.045%−0

画像
14日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、12月短観を受けた流れに注意

ドル・円予想レンジ:1ドル=113円00銭−114円00銭 14日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>BTC要求の脅迫メール相次ぐ、トランプ氏発言で円高も

 14日午前10時現在の主要な仮想通貨は、ビットコインが1BTC=37万8000円前後(過去24時間

画像
14日の東京外国為替市場=ドル・円、113円台半ばでもみ合い

 14日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=113円半ばでのもみ合いが続いている。 朝方1ドル=1

画像
来週の東京外国為替市場見通し=FOMCが焦点、19年以降の利上げ回数・ペースに注目

 予想レンジ:1ドル=111円40銭−114円00銭 10−13日のドル・円は下落した。週初10日、

画像
13日の商品動向、WTIが大幅反発、NY金は反落

・NY原油先物1月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=52.58ドル(


-