17日の東京株式市場見通し=堅調な展開が続きそう|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.18〕JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至 現在の記事数:261764件

-

17日の東京株式市場見通し=堅調な展開が続きそう


 予想レンジ:2万1200円−2万1400円(16日終値2万1255円56銭) 17日の東京株式は、堅調な展開が続きそうだ。16日の米国株式市場は、NYダウ、ナスダック総合指数がそろって史上最高値を更新。米国の強い動きを受け、買いが先行するとみられる。為替相場は、ドル・円が1ドル=112円台の前半(16日終値111円72−73銭)、ユーロ・円が1ユーロ=132円台の前半(同131円75−79銭)と円安に振れている。円安の動きを追い風に、輸出関連株を中心とした物色になりそう。ただ、10日間の連騰で日経平均株価は約900円(約4.4%)の上昇を演じているだけに、買い一巡後は短期的な過熱感を警戒して上値が重くなることも想定される。 16日のADR(米国預託証券)銘柄は、円換算値でコマツ<6301>、パナソニック<6752>、三菱UFJ<8306>などが、16日の東京終値に比べ高い。シカゴ市場の日経平均先物の円建て清算値は、16日の大阪取引所終値比65円高の2万1335円だった。(高橋克己)17日の主な経済指標・スケジュール【国内】・20年国債入札【海外】(時間は日本時間)・18:00 独10月ZEW景況感指数・21:30 米9月輸出入物価・22:15 米9月鉱工業生産・設備稼働率・23:00 米10月NAHB住宅市場指数・決算発表=(中国)中国建築国際(米国)IBM、ジョンソン・エンド・ジョンソン、モルガン・スタンレー、ゴールドマン・サックス◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、株式の売買は自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
JRA上半期のクライマックス・宝塚記念は波乱必至!絶対にチェックすべき“激走穴馬”

週末の宝塚記念は波乱必死! いろいろな出来事があった2018年も、いよいよ半分が終わろうとしている。

画像
新潟県知事選の辛勝で与党が勘違い…自民党内が真っ二つ

安倍晋三首相(写真:ロイター/アフロ) 国会議員秘書歴20年以上の神澤志万です。 6月12日、ついに

画像
開成、麻布、灘…なぜ名門私学に通うと人生が変わるのか? 明治維新と創立者の歴史

開成中学校・高等学校(「Wikipedia」より/SANDO)開成と麻布、2校の創立者の共通点 私学

画像
アジア最後のフロンティア「ミャンマー」は本当に有望な投資先か?

※画像:『ミャンマー 驚きの素顔 現地取材 アジア最後のフロンティア』(三橋貴明著、実業之日本社刊)

画像
AI失業時代突入…10年後に国民の4割が年収120万円に、リアルに今すべきこと

「Gettyimages」より AI(人工知能)失業時代がやってくる。そのタイミングは今から5年後。

画像
眞子さま・小室圭氏の婚約はなぜ問題化したか?

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】2017年9月3日、東京・元赤坂の赤坂東邸で婚約内定会見


-