21日の債券市場見通し=リスク・オフ一服で軟調展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2017.11.24〕人間的成長を図るには大いに転職するべきだ「転職」 現在の記事数:251707件

-

21日の債券市場見通し=リスク・オフ一服で軟調展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.95円−151.15円、長期国債利回り0.005%−0.015% 21日の円債市場は、リスク・オフの流れが一服し、軟調な展開となりそうだ。 欧州の政治リスクに対する警戒感が後退し、米国債は続落。米国の政策期待が再浮上したことで米株高を誘発。日米金利差の縮小観測が後退したことで、円安が進み、日経平均株価が上昇しそうなことも円債売りに圧力が掛かりそうだ。 日銀は、残存期間「10年超25年以下」「25年超」の超長期国債を対象とした買い入れオペを実施する予定。「通知内容や落札結果に波乱が無ければ、オペも相場の下支え要因として効くだろう。売りが先行しても、それが早い時間帯に一巡して、もみ合いに転じる展開を予想している」(銀行系証券)という。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
人間的成長を図るには大いに転職するべきだ「転職」を繰り返して「天職」を探せばいい

もともと日本人はジョブホッピングのDNAを持っている(撮影:今井康一)日本的経営の三種の神器は、「終

画像
子どもに教えたい「二重基準」を持つ重要性自由な感性を失わずに、正答する方法

息子がちょっと変わった感性を持っています(写真 : Greyscale / PIXTA)※石田勝紀先

画像
法律を形骸化するトランプ氏の危険なやり口消費者金融保護局トップ交代が意味すること

CFPBをうとましく感じているトランプ大統領(写真:Jonathan Erns/ロイター)2012年

画像
「悪質クレーマー」は一体どれだけ不当なのか行き過ぎたお客様主義に走らないのも肝要だ

その行為が犯罪になることもありえます(写真:amadank / PIXTA)無理やりに土下座をさせる

画像
「大人の語彙力」はなぜ急速に失われたのか「ぶっちゃけ」を丁寧に言えますか?

大人の語彙力とはいかにあるべきか(写真 : xiangtao / PIXTA)メールやSNS全盛の世

画像
「Suica使えない」東京-修善寺間の落とし穴東京五輪時には外国観戦客で混乱必至?

特急「踊り子号」。修善寺方面に向かう場合、紙の切符がないと精算が大変(写真:papa/PIXTA)開


-