21日の債券市場見通し=リスク・オフ一服で軟調展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2017.05.28〕米国株、S&P500とナスダックが最高値更新薄商 現在の記事数:240846件

-

21日の債券市場見通し=リスク・オフ一服で軟調展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.95円−151.15円、長期国債利回り0.005%−0.015% 21日の円債市場は、リスク・オフの流れが一服し、軟調な展開となりそうだ。 欧州の政治リスクに対する警戒感が後退し、米国債は続落。米国の政策期待が再浮上したことで米株高を誘発。日米金利差の縮小観測が後退したことで、円安が進み、日経平均株価が上昇しそうなことも円債売りに圧力が掛かりそうだ。 日銀は、残存期間「10年超25年以下」「25年超」の超長期国債を対象とした買い入れオペを実施する予定。「通知内容や落札結果に波乱が無ければ、オペも相場の下支え要因として効くだろう。売りが先行しても、それが早い時間帯に一巡して、もみ合いに転じる展開を予想している」(銀行系証券)という。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
米国株、S&P500とナスダックが最高値更新薄商いの中、「消費関連株」に買いが継続

 5月26日、米株はほぼ横ばいで終了。消費関連株が前日に続いて買われ、S&P総合500種とナスダック

画像
別居親と子どもの面会交流、その切ない実態子どもと離れた3人の経験者が語る

面会交流で娘との別れ際がいちばんつらいと佐藤さんは涙をため話した「子どもにとって離婚は、青天の霹靂(

画像
一目置かれる人は「未来の記憶」を操っている部下を動かす「ビジョン」は生み出せる

「リーダーシップ」を発揮するために必要なこととは?(写真 : xiangtao / PIXTA)新年

画像
マクロン勝利で陳腐化する「右派対左派論争」左派対右派の分類は現代政治にそぐわない

マクロン氏の大統領就任で、「右派対左派」の対立は終わりを迎えるのか(写真:Philippe Woja

画像
もしかして虐待?通報する・しないの境界線知っておきたい、躊躇なく電話すべきケース

児童虐待の通報のボーダーラインは?(写真:しげぱぱ / PIXTA)「夜中に激しい子どもの泣き声が聞

画像
博士は、なぜ人生を懸けてバッタを追うのかストイックすぎる狂気の博士のエッセイ

サバクトビバッタの大群書店内でいやでも目を引く、虫取り網をかまえこちらを凝視する全身緑色のバッタ男の


-