20日の債券市場見通し=売り先行も20年国債入札こなし底堅い展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2017.08.23〕22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、小動き 現在の記事数:246213件

-

20日の債券市場見通し=売り先行も20年国債入札こなし底堅い展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)151.05円−151.25円、長期国債利回り0.000%−0.010% 20日の円債市場は売り先行スタートも、財務省が実施する20年国債入札をこなし、底堅い展開となりそうだ。 米債券市場は反落。フランス大統領選挙をめぐって、中道系のマクロン氏が優勢と伝えられ、ドイツ国債が売られ、米債券市場にも波及した。さらに、「前日に米長期金利が今年最低水準を付けるまで買い進まれたことからの反動も出たようだ」(国内証券)という。 もっとも、円債市場には買い材料が事欠かない。北朝鮮などの地政学リスク、仏英など欧州政治を巡る不透明感、が引き続き意識され、「弱い米経済指標も散見され始め、トランプ減税の遅れに対する懸念が台頭。FRB(米連邦準備制度理事会)の利上げペースの鈍化など円債のサポート材料は多い」(銀行系証券)と指摘する。 一方、財務省が実施する20年国債入札は、需要が根強く、良好な結果となるとの指摘が多い。入札をこなせば、売り圧力を吸収し、円債の底堅さにつながる見通し。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、小動きか

 ドル・円予想レンジ:1ドル=108円50銭−109円50銭 きょうは日中に目立った材料がない。24

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、ジャクソンホール会合待ちで小動き

 22日の東京外国為替市場でドル・円は小動きが続いている。前日の米国時間は北朝鮮情勢や米政権の混乱を

画像
今晩のNY為替の読み筋=ドル・円、ジャクソンホール会合を前にもみ合い継続か

予想レンジ:1ドル=108円80銭−109円60銭 米韓両軍の合同演習に対する北朝鮮の強い反発を受け

画像
21日の商品動向、WTIが3日ぶり反落、NY金は反発

・NY原油先物9月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=47.37ドル(

画像
22日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:1万9300円−1万9500円(21日終値1万9393円13銭) 22日の東京株式は、

画像
マーケット早耳情報=主な前場寄り前成り行き注文状況(1)トヨタ、三菱UFJ、東芝など

 22日午前8時50分現在の主な寄り前成り行き注文状況は以下の通り。トヨタ<7203> 


-