15日の債券市場見通し=売り先行で弱含みの展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2019.03.23〕22日の債券市場見通し=買い先行も伸び悩む展開か 現在の記事数:290792件

-

15日の債券市場見通し=売り先行で弱含みの展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(19年6月限)152.70円−152.90円、長期国債利回りマイナス0.045%−マイナス0.025% 15日の円債市場は売り先行で弱含みの展開か。 前日の米債券市場は続落となった。低調な米経済指標を手掛かりに買われる場面もあったが、午後には売り直されたという。英議会下院がEU(欧州連合)からの離脱延期をEUに求める動議を可決し、「合意なき離脱を回避できる可能性が高まったとが債券売りに拍車を掛けた。 国内市場でも、債券売りの動きを強めそうだ。世界景気の不透明感が強く、一方的に売られる可能性は低いが、来週19日の20年国債入札を控え、戻り余地は少なそうだ。 日銀・金融政策決定会合の結果は、昼頃に公表される見込み。金融政策は現状維持になるとの見方が多い。きょうの日銀の決定を買い材料視する動きは想定しにくい。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=買い先行も伸び悩む展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(19年6月限)152.75円−152.95円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円20銭−111円20銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、先

画像
<今日の仮想通貨市況>仮想通貨は軟調、利益確定売りに押される

 22日午前10時28分現在、主要な仮想通貨はビットコイン(BTC)が1BTC=44万6200円前後

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半でもみ合い

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半でもみ合った。。 朝方1ドル=110円

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米年内利上げ見送りの影響見極めへ

 予想レンジ:1ドル=108円50銭−112円10銭 3月18日−21日の週のドル・円は下落した。週

画像
21日の商品動向、WTI5月物が下落、NY金は反発

・NY原油先物5月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=59.98ドル(


-