<今日の仮想通貨市況>ビットコイン4000ドル割れ、立て続けに悪材料|マネブ

マネブNEWS:〔2019.03.23〕22日の債券市場見通し=買い先行も伸び悩む展開か 現在の記事数:290792件

-

<今日の仮想通貨市況>ビットコイン4000ドル割れ、立て続けに悪材料


 11日午前10時時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=39万9648円(過去24時間比8.69%安)、リップル(XRP)が1XRP=36.1円(同10.85%安)、イーサリアム(ETH)が1ETH=1万4070円(同13.95%安)とほぼ全面安商状となっている。また、時価総額上位3通貨で下げ幅が拡大したETHは時価総額3位に後退し、XRPが2位に浮上している。 BTCは週明け7日からドルベースで1BTC=4000ドル台を維持していたが、上値が重い推移から揺り戻しの売りが出て、10日に4000ドル割れ。他のアルトコインもツレ安となった。 10日、マイニング大手のビットメインの創業者2名が退任すると伝わり、相場の重しとなった。この他、米政府機関の一部閉鎖が長期化により仮想通貨関連法案の議会審議が滞り、仮想通貨プラットフォーム「バックト」のBTC先物開始やSEC(米証券取引委員会)によるビットコインETF(上場投資信託)の可否判断が遅れるとの懸念が強まった。 また、イーサリアムクラシック(ETC)への51%攻撃(悪意のある筋がネットワーク全体の採掘速度の51%を支配し不正取引を行う攻撃)への被害の深刻化や、金融庁が仮想通貨ETFの承認を検討しているとの報道を否定したことも、市場心理を冷やした。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=買い先行も伸び悩む展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(19年6月限)152.75円−152.95円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値の重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円20銭−111円20銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、先

画像
<今日の仮想通貨市況>仮想通貨は軟調、利益確定売りに押される

 22日午前10時28分現在、主要な仮想通貨はビットコイン(BTC)が1BTC=44万6200円前後

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、110円台後半でもみ合い

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、1ドル=110円台後半でもみ合った。。 朝方1ドル=110円

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米年内利上げ見送りの影響見極めへ

 予想レンジ:1ドル=108円50銭−112円10銭 3月18日−21日の週のドル・円は下落した。週

画像
21日の商品動向、WTI5月物が下落、NY金は反発

・NY原油先物5月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=59.98ドル(


-