18日の債券市場見通し=軟調な展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2019.02.23〕22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟 現在の記事数:290173件

-

18日の債券市場見通し=軟調な展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(12月限)150.10円−150.30円、長期国債利回り0.105%−0.120% 18日の円債市場は、売りが先行し、軟調な展開か。 国内が3連休中の米債券市場は長期金利約1か月半ぶりにフシ目の3%台に乗せ、一時3.022%と約4カ月ぶりの高水準を付けた。良好な米経済指標が債券売りを促した。 国内市場では、日本時間の18日朝に発表された米国の第3弾の対中制裁関税に対し、「リスク回避的なムードにならなければ、弱含みで推移した米債券市場の流れを引き継ぐ」(銀行系証券)との見方。 「安倍首相が14日に日銀の出口戦略に言及し、その影響が今週も続き相場の重しになる」(国内証券)との指摘があった。 こうしたなか、日銀の長期国債買い入れオペが実施される。あすの金融政策決定会合結果・総裁会見を前に、通知額・落札結果ともに目立った動きはないとの指摘が多い。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
22日の債券市場見通し=米債券安の流れ引き継ぎ軟調地合い

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.70円−152.90円、長期国債利回りマイナス0

画像
22日の東京外国為替市場見通し=閣僚級米中貿易協議の中、ドル・円は神経質な展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=110円10銭−111円10銭 22日の東京外国為替市場のドル・円は、神

画像
<今日の仮想通貨市況>「ビットメインのマイニング機器に脆弱性」との指摘を嫌気

 22日午前9時35分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=43万8082円(過去

画像
22日の東京外国為替市場=ドル・円、材料難で小動きに終始

 22日の東京外国為替市場でドル・円は、小動きに終始した。 朝方1ドル=110円70銭近辺だったドル

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米10−12月期GDPやパウエルFRB議長の議会証言などに注目

 予想レンジ:1ドル=109円90銭−111円30銭 18−21日の週のドル・円は1ドル=110円台

画像
21日の商品動向、WTI4月物が下落、NY金は4日ぶり反落

・NY原油先物4月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=56.96ドル(


-