14日の債券市場見通し=売り先行も下値は限られる展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2019.01.19〕18日の債券市場見通し=株高が逆風、軟調地合い 現在の記事数:289405件

-

14日の債券市場見通し=売り先行も下値は限られる展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.50円−150.70円、長期国債利回り0.045%−0.055% 14日の債券市場は、売りが先行するものの、下値は限られる展開となりそうだ。 FOMC(米連邦公開市場委員会)では、事前予想どおり、FF(フェデラル・ファンド)金利の引き上げが決まり、今年の利上げ回数の中心的見通しも4回に増えた。 米長期金利は一時3%台に乗せ、ドル円相場は1ドル=111円近くまで上昇する場面があった。もっとも、「米中関係の悪化に対する警戒感から取引終了にかけて買いを集め、米長期金利は前日の同水準の2.96%で取引を終えた」(国内証券)という。 国内市場では、日銀が2日連続で行う長期国債の買い入れオペに関心が集まる。減額するとの見方が多く、円債には売り圧力となる見通し。 もっとも、一方向的に下値を売り込む動きは出ないであろう。ECB(欧州中央銀行)理事会の決定を前に様子見機運が強まりそうなためだ。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
18日の債券市場見通し=株高が逆風、軟調地合い

予想レンジ:債券先物中心限月(19年3月限)152.40−152.60円、長期国債利回り0.005%

画像
18日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、109円台前半で底堅い動きか

ドル・円予想レンジ:1ドル=108円50銭−109円50銭 18日の東京外国為替市場のドル・円は、1

画像
<今日の仮想通貨市況>小動き、ビットコイン5年連続で1月下落の公算大

 18日午前9時45分時点の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=40万1360円(過去

画像
18日の東京外国為替市場=米中貿易摩擦の緩和期待広がり、ドル・円上昇

 18日の東京外国為替市場でドル・円は1ドル=109円台半ばまで上昇した。 朝方1ドル=109円ちょ

画像
来週の東京外国為替市場見通し=米中通商協議進展へ期待、200日線がターゲット

 予想レンジ:1ドル=108円00銭−111円70銭 14−17日のドル・円は上昇した。週初14日は

画像
17日の商品動向、WTIが3日ぶり反落、NY金も反落

・NY原油先物2月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=52.07ドル(


-