13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、FOMCの結果待ちで小動きか|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.22〕21日の債券市場見通し=堅調な展開か、20年国債 現在の記事数:285309件

-

13日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、FOMCの結果待ちで小動きか


ドル・円予想レンジ:1ドル=109円90銭−110円90銭 歴史的な米朝首脳会談は波乱なく終えたが、具体的な成果は小さいとの見方が多かった。加えて、ドル・円の反応は12−13日に開催されるFOMC(米連邦公開市場委員会)の結果発表前ということで限定的。きょうの東京時間も様子見感は強そうだ。<主な経済指標・イベント>英国:5月消費者物価指数英国:5月小売物価指数ユーロ圏:4月鉱工業生産米国:5月生産者物価指数米国:FOMC◎関連情報は投資の参考として情報提供のみを目的としたものであり、為替取引に当たっては自己責任に基づき、ご自身で判断をお願いします。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=堅調な展開か、20年国債入札は「良好」との見方

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.50円−150.60円、長期国債利回り0.085%−0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、上値重い展開か

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円00銭−110円50銭 21日の東京外国為替市場のドル・円は、上

画像
<今日の仮想通貨市況>トランプ発言嫌気し、売り優勢

 主要仮想通貨は21日9時30分現在、ビットコイン(BTC)が1BTC=69万3972円(過去24時

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円は110円台前半、中国株高受けジリ高

 21日の東京外国為替市場で、ドル・円は1ドル=110円台前半で推移している。トランプ米大統領による

画像
20日の商品動向、WTIが3日続伸、NY金は続伸

・NY原油先物9月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=66.43ドル(

画像
21日の東京株式市場見通し=弱含みの展開か

 予想レンジ:2万2000円−2万2300円(20日終値2万2199円00銭) 21日の東京株式は、


-