12日の債券市場見通し=軟調地合い、好需給を支えに下値余地は乏しい展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.08.20〕『この世界の片隅に』が「希少価値の高いドラマ」で 現在の記事数:285222件

-

12日の債券市場見通し=軟調地合い、好需給を支えに下値余地は乏しい展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(6月限)150.70円−150.90円、長期国債利回り0.040%−0.050% 12日の円債市場は軟調な地合いとなりそうだ。 前日の米債券市場は続落。追加利上げが確実視されるFOMC(米連邦公開市場委員会)を控え、売りが優勢となった。 13日に先物6月限の最終売買日を迎える円債市場では、持ち高調整の取引が中心となる見通し。史上初となる米朝首脳会談の議論の行方を見守る動きも強まり、朝方は様子見機運が強まりそうだ。 その後は、米朝首脳会談に関するニュースを消化しながら、好需給を支えに下値余地は乏しい展開となりそうだ。財務省が実施する流動性供給入札では十分な需要が集まるとの指摘が多く、円債をサポートする見通し。 一方、14日のECB(欧州中央銀行)理事会、14日−15日の日銀金融政策決定会合を控え、相場が一方向に傾く可能性は低いようだ。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
『この世界の片隅に』が「希少価値の高いドラマ」である理由…なぜ視聴者は深く感情移入?

「日曜劇場『この世界の片隅に』|TBSテレビ」より 原作漫画とアニメ映画版のヒットに加え、「夏に戦時

画像
安倍首相、休日に重要な政権運営事案を決定か…新聞の「首相動静」から見える行動原理

安倍晋三首相(写真:ZUMA Press/アフロ) 7月の西日本豪雨の際、安倍晋三首相の初動対応が遅

画像
駅売店の一部のサンドイッチ、使用禁止の添加物を使用…直接摂取すると危険な添加物

「Gettyimages」より私「このポテトサンド、ハムが入っていないのに亜硝酸の表示があるのは、な

画像
英会話重視の英語教育、子どもの英語力が極端に低下…無口で高学力の学生が大学入試不合格

「Gettyimages」よりなぜ入試で英会話能力が問われなければならないのか 大学入試で英会話能力

画像
結論は出なくてもいい 子どもの考える力を養うメソッドとは?

※画像:『自信をもてる子が育つ こども哲学』(川辺洋平著、ワニブックス刊) これからの時代において必

画像
篠原涼子もやっていた『深夜のママ友会』に批判殺到「不良ママも良いとこだわ」

【正解のないWEBマガジン~wezzyより】Thinkstock/Photo by Minerva


-