12日の債券市場見通し=もみ合い、40年国債落札を確認する展開か|マネブ

マネブNEWS:〔2018.06.22〕21日の債券市場見通し=売り先行も下値は限られる 現在の記事数:261954件

-

12日の債券市場見通し=もみ合い、40年国債落札を確認する展開か


予想レンジ:債券先物中心限月(3月限)150.40円−150.60円、長期国債利回り0.050%−0.070% 12日の債券市場はもみ合いで始まり、財務省が実施する40年国債入札の落札結果を確認する展開か。「超長期国債の買い越しペースが例年に比べゆっくりになっている生保勢から、年度末を見据えた駆け込み的な需要が出てくるのかどうかを見極めたい」(銀行系証券)、「落札結果を確認後、相場が動く可能性がある」(国内証券)という。 前日の米債券市場は上昇。中国・国家外貨管理局が、米国歳購入の削減や停止に関する報道を声明で否定したことや、米30年国債入札が無難な結果となったことで買い安心感が広がった。 国内市場では前日、日銀の長期国債買い入れ減額が見送られた。YCC(イールド・カーブ・コントロール、長短金利操作)が継続するもとで需給は大崩れしないとの見方が広がっている。日経平均株価が堅調に推移しそうで、円債の上値を抑制しそうだが、下値を試す可能性は低く、40年国債入札が崩れる心配もなさそうだ。提供:モーニングスター社
マネマガ
参考になったらシェア

引用元:モーニングスター

同カテゴリの新着記事

画像
21日の債券市場見通し=売り先行も下値は限られる展開か

予想レンジ:債券先物中心限月(9月限)150.70円−150.80円、長期国債利回り0.030%−0

画像
21日の東京外国為替市場見通し=ドル・円、底堅い地合いか

ドル・円予想レンジ:1ドル=109円80銭−111円00銭 パウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議

画像
<今日の仮想通貨市況>韓国交換大手ビッサムで35億円流出

 21日午前9時10分現在の主要仮想通貨は、ビットコイン(BTC)が1BTC=74万8362円(過去

画像
21日の東京外国為替市場=ドル・円、布野日銀審議委員の発言など受け上昇

 21日の東京外国為替市場でドル・円は堅調地合いとなっている。前日の米国時間は米利上げ加速観測の高ま

画像
20日の商品動向、WTIが反発、NY金は続落

・NY原油先物7月物 WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート) 1バレル=66.22ドル(

画像
米5月中古住宅販売、前月比0.4%減の年率543万戸―市場予想下回る

<チェックポイント>●住宅価格急騰と住宅不足で2カ月連続の前月比減少●住宅ローン金利上昇加速で住宅購


-