【通貨の分散、本当に出来ていますか?】|マネブ

マネブNEWS:〔2017.03.29〕28日の債券市場見通し=堅調スタートも、株高で伸 現在の記事数:237072件

マネブ公認コンサルタントたちによる特別コラム

HOME > マネブ公認コンサルタントたちによる特別コラム > 【通貨の分散、本当に出来ていますか?】

【通貨の分散、本当に出来ていますか?】


「通貨の分散」あっ、それならもうやっているから大丈夫! 外資系の銀行や保険会社で、米ドル建て外貨預金やオーストラリアドル建て保険を既に始めているよ、という方も多いでしょう。
しかし、それでは本当の分散とは言えません。。。

外資系金融機関の外貨建て商品は、利率の面でもお得で利用している人も多いでしょう。 更に為替が円安になれば、その分利益も増えます。
しかし、日本の財政悪化がこのまま止まらず、もしも万一財政破綻となった場合、国内の金融機関のみならず、外資系といえども金融庁の認可のもと営業している金融機関の商品は、全て影響を受けてしまうでしょう。
口座凍結されたり、資産に税金がかけられたりして事実上没収されてしまうかもしれません。

では、どうすれば本当の分散が出来るのでしょうか?

それは、直接海外の金融機関と取引きするという方法です。
海外というと良く分からないし、距離や言葉の壁もあるためハードルが高いように思えますが、最近はインターネットの発達や日本語によるサポートも充実している金融機関もあります。
また、そのような金融機関はオフショアと言って、税金面でも非常に有利になっています。
一歩海外に目を向ければ、本当の意味での分散もできて、なおかつ日本国内では考えられないような良い商品やサービスがあります。
その結果、資産形成のスピードも飛躍的に上がります。

実際に、富裕層と呼ばれる人達だけではなく、一般の会社員や主婦の人達も海外に資産分散を始めています。

将来の安心のためには、少なくとも海外金融機関も必要な選択肢ではないでしょうか?
つづく
参考になったらイイね!
マネマガ
-